NIのピアノ音源比較 MAVERICK


PayPal で支援する

musicfreaks.jpの活動をご支援頂けましたら幸いです。ひとつひとつのご支援が大きな励みとなります。どうか、よろしくお願いいたします。


Amzonタイムセール☆今すぐチェック!

☆------------------------------------------------☆

 

”THE MAVERICKは、1905年にプロイセン王国王子のために製作された、非凡な音を誇るコンサート・グランドの完璧な再現です。”

というメーカーの触れ込みです。

ジュネーブのピアノ工房


以前、ジュネーブに滞在(当時のカノジョの家に居候)していたとき、ときどき少し足を伸ばしてフランスの田舎をぶらついていました。そこでふと見つけた楽器店にはいりました。ピアノ専門の楽器店でものすごく状態の良い1950年代のプレイエルのピアノ(フランス製のピアノです)がたくさん置いてありました。それも格安です!

「ピアノを弾いてもイイですか?」というと店員さんが無言でピアノのほうに手を差し出し「どうぞ」の意思表示をしました。

しばらくピアノを弾いていると、奥の方から作業用の前掛けをかけた、いかにも職人風のおっちゃんが出てきて手招きします。そちらに行くと奥の扉の向こうは工房になっていて、調整中のピアノが所狭しと並んでいました。

「このピアノ弾いてくみてくれない?」

19世紀後半のベヒシュタイン(ドイツのピアノメーカーです)のピアノでした。クセがとても強くて最初は弾きにくかったのですが、しばらくさわってみて一番美しく響くポイントがわかると、なんともいえない奥行きのある響きを奏でるようになりました。

「クセが強いですが、そこをつかめばものすごく好いピアノですね」

「手を入れれば、もっと弾きやすくできるんだ。けど、当時の職人のスピリッツの残したいと思ってるんだよ」

その後も、いろんなピアノをさわらせていただき、とても楽しい時間を過ごしました。まるで小説「パリ左岸のピアノ工房」に迷い込んだような感じでした。いつも後から気づくことなのですが、こういった出来事のひとつひとつが人生の宝物になっていきますね。

Maverick


NewImage

さて、MAVERICKです。

先に書いた、フランスの工房でさわったピアノが19世紀のベヒシュタインで、今回レビューするMAVERICKもプロイセン王子のために作られたピアノということで、ドイツ製。時代背景を考えると、ベヒシュタインの可能性が高いですね。

設定などは前回書いた、GENTLEMANと同じなのですが、前回書き忘れたことをひとつ。

2016 08 11 22 03

このシリーズはパッチリストが一種類しかないのですが、設定値を変えた音色が「スナップショット」に保存されてあります。

ただ、ノイズの設定がちょっとわざとらしくて、このままでは楽曲製作に使えないのがほとんどです(演奏するだけなら面白いかもしれませんが〜笑)。適当にいじって好みの状態まで持って行くのが良いと思います。

デモ演奏


今回はこの「スナップショット」状態から好みの状態に持っていったものをパッチリストに保存しました。よろしければダウンロードしてお使いください。

演奏で使用した音色(patch):アンティーク・ピアノ

ファイルの収納場所
*The MAVERICK Libraryフォルダ—>Snapshotsフォルダ—>The MAVERICKフォルダ

MAVERICKは、ハンマーノイズのジョイント部分でカタカタという音します。より古い楽器という感じをだせそうです。フランスの田舎、ピアノ工房でさわった19世紀のベヒシュタインのアンティークなピアノの音をイメージして作ってみました。

今回はオリジナル曲ではなくて、クラシック音楽名曲のさわり部分を数曲弾いてみました。この音源、クラシック音楽はかなり相性良いと思います。特にショパンの曲は音源で弾くとしんどくなることが多いですが、これで弾くと気持ちよく弾けました。

空間系エフェクトは、この音源の「Church」を若干設定を変えて使用しました。

「アンティーク・ピアノの音色で演奏した楽曲」

1.悲壮|ベートーベン

2.英雄ポロネーズ|ショパン

3.月の光|ドビュッシー

 

KOMPLETE 14


単独でピアノ音源を買うよりも、ピアノ、5機種を含んだ音源とエフェクトが50種以上をKOMPLETE14 SELECTを選ぶ方がお得感があります。割引セールの時にGETしましょう!


 

以前のバージョンのKOMPLETE SELECTをお持ちの方はのアップグレードするのがお得です。セール時を見逃さずアップグレードしましょう。

ピアノ音源のまとめ記事


ピアノ音源について

Native Instrumentsピアノ、5機種


NIのピアノ音源比較 GENTLEMAN

NIのピアノ音源比較 GRANDEUR

NIのピアノ音源比較 MAVERICK

NIのピアノ音源比較 GIANT

NIのピアノ音源 Una Corda

簡潔にピアノをレビューしています。各ピアノに応じてデモ演奏を行っています。

機種によっては録音用にPatch(音色)も作りました。使用した各Patchはダウンロードしてご自由にお使い頂けます。ご自身の制作にお役立てください。

 

PayPal で支援する

musicfreaks.jpの活動をご支援頂けましたら幸いです。ひとつひとつのご支援が大きな励みとなります。どうか、よろしくお願いいたします。


 

付録ー調声に最適なヘッドフォン!


付録として、エムフリお気に入りのお薦めグッズをここに掲載します!

今回は調整作業に使っている、ヘッドフォンです。


僕は基本的にヘッドフォンで音楽を聴くのは好きではなくて、アナログ録音時のモニターか雑音などの最終チェックにしか使いません。

その理由は再生音がヘッドフォンによる特性にかなり左右されるからです。なので制作時にはその目的に応じた音のヘッドフォンを選択することになります。録音時のモニターや雑音を検知するのに適したものを選びます。

ただ、ヘッドフォンはそれほど好きではないのです。空間を介さない直接耳に伝える音なので、どちらかというと好んで使うというよりも、作業工程で仕方なく使うことが多いです。

購入までの経緯

最近、SynthesizerVで調声をするようになって、MacBookPROを使用して外出先などでも作業するようになりました。そうするとヘッドフォンは必須となってきます。長時間装着して疲れなければ、まぁイイかくらいで適当に選んでいました。

当初はデザイン性からTeenage Engineering のヘッドフォンを使用していました。オシャレな感じと携帯に便利なので使っていました。ハイがカットされて中低位域がモッコリするので、ちょっとしたMix用にも使えそうなの感じでした。しかし、カバンに入れて持ち歩いていると可動部分が折れてしまいました。

気に入っていたので(デザインが〜笑)再注文して、ついでにいろいろ検索していると「アシダボックス」なるものを見つけました。ものすごく評判が良くて一時期は入手困難な状態が続いていました。日本のメーカーでデザインがなんともレトロ。

Teenage Engineeringのヘッドフォンよりも安かったのでポチってみました。

調声に最適

結論からいいますと、めっちゃイイです。特にSynthesizerVの調声作業にバッチリです!

丁度、人の声の部分が聞きやすくて微細な変化もこのヘッドフォンだと聞き逃すことがないです。SynthesizerVで調声をされている方には、是非是非お薦めのヘッドフォンです。コスパも良いです。

同じデザインで、ST-90-05ST-90-07というのがあります。僕が購入したのはST-90-07のほうです。評判になっていたのはST-90-05のほうなのですが、さらにパーツのグレードを上げて音をよくしたのががST-90-07です。

低域はあんまり出ませんので、そういった需要の音楽には不向きです。声が聴き取りやすいので、調声とは抜群に相性がイイです。先にもいったようにヘッドフォンは、その目的に応じて使うのが理想的で万能性を求めるものではありません。

最初にいったようにヘッドフォンを使うのはあまり好きではないのですが、これはかなりお薦めです。これを使い出してから、SynthesizerVの調声で細部の音の動きに迷うことが減って作業効率が上がりました。

とにかく声の微細な変化がとてもわかりやすいので、是非使ってみてください!


☆------------------------------------------------☆

Amzonタイムセール☆今すぐチェック!



この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

最新情報をチェックしよう!
>m.Freaks♡エムフリ

m.Freaks♡エムフリ

2023年秋より新規開設、以前のチャンネルから移転しました!新しいYouTubeチャンネルでは、合成音声(ボカロ)を使って制作した音楽をメインに、音楽制作に役立つ解説、演奏動画を随時更新しています。動画はブログ記事と連携。チャンネル登録もよろしく!

CTR IMG