【SynthV】フリモメンがメンバーに加わりました!


PayPal で支援する

musicfreaks.jpの活動をご支援頂けましたら幸いです。ひとつひとつのご支援が大きな励みとなります。どうか、よろしくお願いいたします。


Amzonタイムセール☆今すぐチェック!

☆------------------------------------------------☆

 

Voicepeakの中で「おちゃらけキャラ」のフリモメンが、SynthesizerVのボイスバンクとしてReleaseされました。AHSボイスバンクでは唯一の男性ボイスです。早速、エムフリチャンネルでもメンバーに加わってもらいました。思ったよりも使い勝手の良い、「真面目?(笑)」なボイスバンクでした。特に初心者の方にわかりやすいスタイル設定になっています。

フリモメン見参

https://youtu.be/Rpg3AhbdClsフリモメンはVoicepeakという、AIによるトークボイスのソフトウェアのキャラクターです。メインのキャラクターに付属で付いてくるような立ち位置で、同ソフトウェアの中では色物的な存在です。

そんな中、SynthesizerVの歌声として颯爽と登場しました!

 意外と使えます

今回のフリモメン見参はAHS社のSynthesizerVボイスバンク、初の男性キャラということで発売前から結構注目していました。

おちゃらけキャラのイメージが定着しているので、SynthesizerVボイスバンクも色物的な存在と思っていたのですが、かなり正統派です。

音域も広く歌声も幅広く使えるスタイルが用意されていて、早めの曲からじっくり歌い上げるバラードまで、あらゆるジャンルで活用できそうです。

トークボイスとのギャップが面白いですね。というか歌声の方が本来の声優さんの声なのでしょう。とても真面目な印象の声です。

男性ボイスバンクは女性のボイスバンクよりも人気という点ではどうしても劣ってしまいます。これはボーカロイドの歴史から見て仕方がないことなのですが、英語版では男性ボイスバンクが多く出されているので、これから流れが変わってくるかもしれませんね。

  わかりやすいボーカルスタイル

ボーカルスタイルはとてもわかりやすいです。

5種類あるボーカルスタイルは、5人のキャラクターを使い分けるような感じになっていて、

  • Bassmen
  • Gentlemen
  • Hardmen
  • Softmen
  • Youngmen

と名称からとてもイメージしやすいです。

声の変化も変化がわかりやすく、音楽ジャンルによって使い分けていけそうです。パラメータの動きもわかりやすいので、声質を作り込んで行くことも可能です。

特にSynthesizerVの初心者の方には扱いやすい男性ボイスバンクです。

 

PayPal で支援する

musicfreaks.jpの活動をご支援頂けましたら幸いです。ひとつひとつのご支援が大きな励みとなります。どうか、よろしくお願いいたします。


 

付録ー調声に最適なヘッドフォン!


付録として、エムフリお気に入りのお薦めグッズをここに掲載します!

今回は調整作業に使っている、ヘッドフォンです。


僕は基本的にヘッドフォンで音楽を聴くのは好きではなくて、アナログ録音時のモニターか雑音などの最終チェックにしか使いません。

その理由は再生音がヘッドフォンによる特性にかなり左右されるからです。なので制作時にはその目的に応じた音のヘッドフォンを選択することになります。録音時のモニターや雑音を検知するのに適したものを選びます。

ただ、ヘッドフォンはそれほど好きではないのです。空間を介さない直接耳に伝える音なので、どちらかというと好んで使うというよりも、作業工程で仕方なく使うことが多いです。

購入までの経緯

最近、SynthesizerVで調声をするようになって、MacBookPROを使用して外出先などでも作業するようになりました。そうするとヘッドフォンは必須となってきます。長時間装着して疲れなければ、まぁイイかくらいで適当に選んでいました。

当初はデザイン性からTeenage Engineering のヘッドフォンを使用していました。オシャレな感じと携帯に便利なので使っていました。ハイがカットされて中低位域がモッコリするので、ちょっとしたMix用にも使えそうなの感じでした。しかし、カバンに入れて持ち歩いていると可動部分が折れてしまいました。

気に入っていたので(デザインが〜笑)再注文して、ついでにいろいろ検索していると「アシダボックス」なるものを見つけました。ものすごく評判が良くて一時期は入手困難な状態が続いていました。日本のメーカーでデザインがなんともレトロ。

Teenage Engineeringのヘッドフォンよりも安かったのでポチってみました。

調声に最適

結論からいいますと、めっちゃイイです。特にSynthesizerVの調声作業にバッチリです!

丁度、人の声の部分が聞きやすくて微細な変化もこのヘッドフォンだと聞き逃すことがないです。SynthesizerVで調声をされている方には、是非是非お薦めのヘッドフォンです。コスパも良いです。

同じデザインで、ST-90-05ST-90-07というのがあります。僕が購入したのはST-90-07のほうです。評判になっていたのはST-90-05のほうなのですが、さらにパーツのグレードを上げて音をよくしたのががST-90-07です。

低域はあんまり出ませんので、そういった需要の音楽には不向きです。声が聴き取りやすいので、調声とは抜群に相性がイイです。先にもいったようにヘッドフォンは、その目的に応じて使うのが理想的で万能性を求めるものではありません。

最初にいったようにヘッドフォンを使うのはあまり好きではないのですが、これはかなりお薦めです。これを使い出してから、SynthesizerVの調声で細部の音の動きに迷うことが減って作業効率が上がりました。

とにかく声の微細な変化がとてもわかりやすいので、是非使ってみてください!


☆------------------------------------------------☆

Amzonタイムセール☆今すぐチェック!

 

この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️



最新情報をチェックしよう!
>m.Freaks♡エムフリ

m.Freaks♡エムフリ

2023年秋より新規開設、以前のチャンネルから移転しました!新しいYouTubeチャンネルでは、合成音声(ボカロ)を使って制作した音楽をメインに、音楽制作に役立つ解説、演奏動画を随時更新しています。動画はブログ記事と連携。チャンネル登録もよろしく!

CTR IMG