ピアノ音源(アコースティック)

ピアノ音源フリー音源
物理モデリング音楽制作



音楽制作で使用している、ピアノ音源についてまとめてみました。たくさんピアノ音源は世に出回っていますが、自分が使っている音源のみを掲載しています。

アコースティックエレクトリック

このページではアコースティックピアノを掲載しています。

購入したものの全く使用していないような音源もあります。そういったものはチェック後、その都度更新していきたいです。ピアノ音源全般に関してはブログ記事がありますので、より詳しく知りたい方はご参照ください。

ピアノ全般のブログ記事

Pianoteq

物理モデリング音源です。多くのピアノ音源がサンプリングファイルを読み込んで音を鳴らすのに対して、シンセのように音を作り込んでいく方式です。

Pianoteqは最初の購入の際に「アコースティック、エレクトリック、クロマティック」を選択します。ここではアコースティック・ピアノについて書きます。

概要

最も頻繁に起動するピアノ音源です。そう書くと一番ピアノらしい音源のように思われるかもしれませんが、音は本物のピアノらしくないです。サンプリングファイル方式のピアノ音源のほうが、音の立ち上がり、共振が自然でピアノらしいです。

ひとことで言ってしまうと「毛穴の見えない肌」のような感じで、CGで作った生き物のようです。ただCGで生き物を作り込むようにピアノを作り込んでいける楽しみ方は、ほかの音源では出来ません。倍音の共振の部分では若干大げさに反応する部分はあるますが、作り込み度はピカイチです。

マイクポジションをヴァーチャルな環境で細かく設定できるのもソフトウェア音源ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

ピアノのバリエーション

Pianoteqの音色のカテゴリーは、大まかにいって「アコースティック、エレクトリック、クロマティック」とあるのですが、アコースティックからさらに細かく、各メーカーのピアノ、博物館のピアノ、チェンバロ系があります。

特に各メーカーピアノに関しては力が入っているようで、マイナーアップデートのたびに新作をリリースします。シミュレーションの元となった実機を触ったことのある方なら結構楽しめます。

ベヒシュタイン、ペトロフ、そして結構マイナーなスタイングレイバーまであって、それぞれ実機の特徴をとらえた音です。ヤマハのピアノはかなりわかりやすい、ヤマハの音してます。スタンウェイのD4の低音巻き弦のうなりもキッチリと再現してます。

本体を購入すると、持っていないプリセット音色もデモとして使用できます。20分間の時間制限と数カ所鳴らない音があります。鳴らない音は黒鍵なので、全体のサウンドをチェックするには十分でしょう。

 

Pianoteq関連の記事

Synchronのピアノ

今あるピアノ音源の中で最も本物のピアノに近い音がする音源です。倍音、共振、どれをとってもかなりリアルです。

概要

これが出るまではピアノがメインの時はIvoryを使っていましたが、今はコチラがメインです。

ヤマハのコンサートグランドスタンウェイのD274があります(2019/7月31日ブリュットナーのピアノが加わり3種類となりました)。それぞれ特徴があって、表現したい音楽によって使い分けることが出来ます。ピアノの音に拘る人は両方持っていても良いと思います。

各音の調弦やある程度作り込んでいけます。マイクポジションも選択式で作っていけます。オプションのマイクポジションを追加することでさらに作り込んでいけます。

冒頭にも書いたように、最もピアノに近い音の挙動をする音源です。CPUはマイクポジションを多く選択するほど消費量が激しくなります。ある程度作り込みたいときには、それなりのマシンが必要となります。

*ヤマハCFXのページ
*コンサートD274のページ
*ブリュットナー1895のページ

Synchron関連の記事

 

Ivory

2017 06 03 0 37 30

ピアノのソフトウェア音源というとまずはこの音源を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

概要

最新ヴァージョンは24レイヤーとなって表情がきめ細やかになっています。最新のベーゼンドルファーとモデルBの音は秀逸です。アップライトピアノは16レイヤーですが、これはそこまで細かな表情がいらないタックピアノとかで使用しています。音に雑さがなく編集の時に妙に飛び出してこないのが、Ivoryの使いやすいところだと思います。

20レイヤーの他の音色の立ち位置が微妙で、このあたりは最近ほとんど出番がなくなっています。これは他のメーカーからピアノ音源にいいものが出てきたということですね。

ゆっきりキーを押したときに音が鳴らない「サイレントモード」はマニュアル設定です。感知する範囲を自分で設定してくださいという意図なんでしょう。デフォルトではオフ(感知数値:0)になっています。設定はmidi#cc7なので数値は5〜7あたりでいいと思います。

 

Ivory関連の記事

Native Instrumentsのピアノ音源



Native InstrumentsのKONPLITEを買うとついてくるピアノ音源です。なんとなくおまけの音源のように思っている人もいるかもしれませんが、結構しっかり作り込んであります。

The GRANDEUR

Img welcome hero the grandeur 2bbe270bc596eb84d00f9d5e8dfcf106 d

ベーシックなコンサートグランドといった感じです。ゆっくりキーを押したときに音が鳴らない「サイレントモード」も搭載されていて、共振する倍音のサンプルファイルも反応します。ピアノ音源として基本的なところはしっかり押さえていますね。マシンの負担も軽く余計なことを考えずに気軽に使えるピアノ音源です。

The MAVERICK

NewImage

アンティークなグランドピアノ。Pianoteqのアンティークピアノは、かなり古めかしく調整してあるのですが、こちらは現代でも使えるように調整されています。技術者によっては当時のままの音を再現する方がよしとする人と、現代でも使えるようにチューンナップした方が良いと考える人がいます。この音源は後者の方です。

The GENTLEMAN

アップライトピアノです。上記二つのピアノが搭載している「サイレントモード」はこのピアノにはがありません。DTMでアップライトピアノの音を使うときに、そのような設定は不要との割り切りでしょうか。アップライトピアノですが音はチープではありません。劇伴などの背景描写では、アップライトの素朴な暖かみのある音がイメージに合うときが多いです。

以下は、特殊なスタイルで使用するピアノです。

The GIANT

2016 08 15 14 39 59

実際に9フィートの共鳴板(コンサートグランド・ピアノの約2倍)を持つ冗談のような巨大なピアノ、「the Klavins Piano Model 370i」の音をサンプリング。弦長があり得ないぐらい長いので低域からの倍音が複雑に絡むはずなのですが、そこはサンプリングしていないようですので案外使いやすいです。このピアノ音源だけである種の世界観を作れそうです。巨大ピアノからちょっとしたひらめきが得られるかもしれません。

UNA CORDA

2016 10 08 12 39 21

普通のピアノではありません。ボディはフレームだけで構成されています。ピアノは一つの音に複数の弦が使用されているのに対して、このピアノは弦が1本しかありません。ヤマハのCP80も高域は単線だったように思うので、そういった意味ではエレピに近い存在なのかもしれません。

おそらく実機を制作販売してもとんでもない値段になりそうで需要はなさそうです。通常のピアノとしてよりも特殊な使い方が多くなると思います。アイデア次第で面白いことが出来るピアノです。

このピアノだけを使ってアルバム「No one hurts You:ヒビノカケラ」の楽曲「無知の波紋」(アルバム8曲目)のバックトラックを制作しました。興味ある方はお聴きください。リンク先のデモ音源は音が悪いので、確認の際にはフルバージョンをお聴きいただくことをお薦めします。

Spotifyで聴く

AWAで聴く

Apple Musicで聴く

Wavesのピアノ音源

エフェクタープラグインで有名なWAVESが開発したピアノ音源、Grand Rhapsodyです。詳しくは関連記事のレビューをご覧ください。

Grand Rhapsody

エフェクターメーカーが開発したピアノ音源だけにピアノの空気感に拘っている感じがします。特にマイクによる場の作り込みはさすがです。プリセットの音は楽器ノイズが多いような気がしますので、使用の際には調整した方が良いように思います。

価格もビックリするほど安く、さらに始終セールで売り出されることが多いので、かなりお安く手に入ります。持って置いても損はないと思います。ただちょっと癖が多いところもありますので、好みに合うかどうか、無料デモ版を使用してからの方がいいと思います。96kHzのファイルはそれなりハードディスク容量を圧迫しますので。

このピアノに関しては詳しいレビューも書いていますので、興味のある方はご覧下さい。

Grand Rhapsody関連記事

Autoriaのピアノ音源

物理モデリングピアノ、PIANO Vです。物理モデリングピアノとしては後発で、Autoria独自の方法でモデリングしています。Autoriaの物理モデリング技術はエフェクターでも好評で、かなり実機に近いとプロの間でも評判です。

さて、ピアノ音源はどうでしょうか。

概要

音に関しては物理モデリングピアノの特徴である、「毛穴のない肌」のような音です。ただ使用している物理モデリングピアノの中では一番暖かみのある音です。

グランドピアノ、アップライトピアノ各種音色がありますが、どこのメーカーのものとかは記載されいなくて、イメージであのピアノかなと思わせる程度になっています。

編集

ピアノの音色編集もある程度作り込めます。Pianoteq程、細かく作り込むことは出来ませんが、ピアノ音源としては必要充分でしょう。基本となるピアノをエディットする程度ですが、いろいろあるよりもピアノの音を純粋に愉しみたい方には、この方が扱いやすいように思います。

物理モデリングピアノとしては後発のため、Pianoteqのようにコンピュータでピアノを作っていくというよりも、物理モデリングでピアノ音源を扱いやすくしたという感じです。

Piano Vの製品ページ

Reasonのピアノ

Propellerheadが開発しているDAW、Reason。ピアノ専用音源はファイルベースのProcessed Pianoと物理モデリングのRadical Pianoがあります。Radical PianoはReasonのヴァージョン10から標準搭載されるようになりました。まずは標準搭載のRadical Pianoを解説したいと思います。

Radical Piano

前述したようにこの音源は物理モデリング音源です。Pianoteqを使うまでは物理モデリングピアノはこれでした。ただ、Reason固有の音源のためReasonでしか使えません。他の物理モデリングピアノと比較すると、ヴァージョンも古いので数世代前のピアノ音源の音という感じです。

ただReasonで音楽制作するときには、Reason縛りで作りたいものです。VST対応となったもののReasonで製作するするときに固有のラック音源をつかいたいもの。そういう意味でのこのピアノ音源が選択肢となります。

FinderScreenSnapz001

この音源の他にない特徴として、AUDIO INから他の楽器の音を読み込んで物理モデリング内で共振させると言うことが出来ます。これはReasonならではの機能です。

動画

Radical Pianoのプリセットをいろいろテストしているムービーです。

Processed Piano

SafariScreenSnapz001

Reason ラック音源用に新しく開発されたピアノ音源です。過去のReason ReFill(リフィル)からピアノサウンドを厳選して制作したようです。わかりやすいインターフェースで、ベーシックなピアノのサウンドよりも、より作り込んだピアノのサウンドを得意とします。

このピアノについてレビュー記事を書いています。ご参照ください。

Processed Pianoの記事

 

またReasonに関しては使い方などの記事を書いていますので、興味のある方はご覧下さい。

Reason関連の記事

Ravenscroft 275

各種ピアノ音源をリリースしているメーカー、V LABSのピアノです。使用にはUVIのFalconもしくはWork Stasion(無料)が必要です。

概要

これの元となる実機を触ったことがないので実際の音はどうかわかりませんが、この音源自体は柔らかい使いやすい音です。音の良さと扱いやすさからDTMerの間では人気の音源です。

サンプリングファイル形式を採用していますが、他の音源にない特色として無音状態のサンプルがあります。これは通常の音源はサイレントモード(ゆっきKeyを下ろすと音が鳴らない)は、midi信号の音量で鳴らないように設定しているのに対して、この音源は無音状態のサンプルがあり調整も可能(SILENT STRIKE)です。細かいところまで行き届いた音源です。

細かなシチューエーションにあわせたサンプリングファイルと表現するには充分な19レイヤーというスペックで、ファイル総容量は5.32GBとという、最近のPiano音源にしては軽量というのも魅力です。

DAWについている音源ではなく、ピアノ専用音源がひとつ欲しいと思っている人には超お薦めのピアノ音源です。

VI LABSのウェブサイト

Prism Audioのピアノ

プレビューScreenSnapz002

フリー音源、Atomos Pianoの上位有料版、PIANO MODEL Sです。Atomos Pianoについてはこちらにレビュー記事がありますのでご参照下さい。

概要

Atomos Pianoはある一定の景色でしか使えませんが、こちらは通常のピアノのようにまで使えるようにした音源です。基本的にはAtomos Pianoの表情に近いピアノです。他のピアノ音源から比べると表現力は劣ってしまうのですが、一つ一つの音がとてもに美しく、ピアノでちょっとした背景描写をするとき重宝します。

制作した音楽

このメーカーの無料版ピアノ、Atomos Pianoを使って「ヒビノカケラ」の音楽「Bonne Nuit」を制作しました。興味ある方はお聴きください。確認の際にはフルバージョンをお聴きいただくことをお薦めします。

Spotifyで聴く

AWAで聴く

Apple Musicで聴く

 

Prism Audioのウェブサイト

☆————————————————☆

Amzonタイムセール☆今すぐチェック!



この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

PAGE TOP